目 むくみ 紅茶

紅茶の成分が目のむくみの原因「水分滞留」を解消!

「なんだか目が重い…」

 

そんなむくみには「紅茶」で対策できるんですよ!

 

 

飲みすぎた次の日、あるいは名作映画を見て大泣きした翌朝、目が別人のように腫れあがっていることがありますよね。顔の中でも大きく「イメージ」を左右する部位なので、腫れぼったい目ではお出かけもできません。簡単なむくみ取りができればいいのですが…。

 

紅茶を使った2つの目のむくみ対策法!

目のむくみを取るための方法は、いくつもあります。ホットタオルを目元に乗せる、冷やしたスプーンを当てる…そんな中でも、ちょっと変わり種のものを今回は紹介しますね。

 

それが…「紅茶」を使った目のむくみ改善法です。

 

紅茶を飲んでリラックス

利尿作用があることでも有名な紅茶。むくみは体の中の水分滞留が原因となって起こるので、朝から紅茶を飲んできちんと排尿すれば、いくらかは腫れもマシになります。またストレスを解消して、気分をリラックスしてくれるアロマ効果もアリ! カフェインも入っていて、眠気覚ましにも役立つという、とっても優れた朝の飲み物なんですよ。

 

使用済みティーバッグを使ってむくみ撃退

時間があれば、紅茶を入れるのに使ったティーバッグを、冷蔵庫か冷凍庫でさっと冷やしておきましょう。クッキングペーパーで水気を拭っておくと、短時間でも冷えやすくなります。十分に冷たくなったティーバッグを目の上に置けば、あら不思議。腫れがすっと引いていきます。

 

実は紅茶の中には、目のむくみや疲労解消に効果のあるビタミン類やカテキン類がたくさん含まれています。それが皮膚を通して直接患部に浸透していくので、効果も抜群です。ちなみに、カモミール茶には鎮静効果もあるので、腫れに伴う痛みも消えていきますよ。

 

ティーバッグを使って目元のむくみを取る際は、ちょっと高めの枕を用意して、寝そべりながら10分程度じっとしておきます。体の下側へ向けて傾斜をつけることで、血液が流れやすくなるからです。香りにも「癒し効果」がある、女性には嬉しい方法ですよ。

 

明日から、朝はコーヒーじゃなくて、むくみ解消にも便利な紅茶に変えていきませんか?