顔 むくみ 温める 冷やす

顔のむくみは温めるのと冷やすのを交互にすると効果的!

顔のむくみを早く取りたいなら、

 

「温冷タオル」が効果的なのよ!

 

 

 

腫れぼったい顔のむくみ…熱を持っていることもあって、気持ちとしては冷やしたくなります。でも、「ホットタオルを顔の上に乗せる」という温めるむくみ解消法も結構有名で、どっちが本当に効果があるのか、わからなくなってしまいますから困ったものです。

 

顔のむくみに「温めるが効く」ワケ!

まず試しに、電子レンジで1分ほど温めたタオルを顔の上に乗せてみましょう。「気持ちいい〜」と声が出そうになります。この「快感」の理由は、血行が促進されて、体が温まるから。体が熱を持つと、副交感神経も開いて精神的にもリラックスした状態となります。

 

むくみとは、不要な老廃物や水分や血液が流れにくくなるために起こります。温めることで血管を押し広げるホットタオルは、そういう意味で、確かにむくみの解消に効果があるわけです。

 

では、反対に「冷やす」のには効果がないのでしょうか? これも熱を持った肌には気持ちいいので、なんとなく「むくみにもいいんじゃないの」と思ってしまいがちですが…。

 

顔のむくみは「冷やすだけ」じゃ効果は薄い!

結論からいえば、ただ「冷やす」だけでは効果が薄いと言わざるを得ないんですよね。

 

でも、冷やすのが悪い訳じゃなくて、問題なのは使い方です。蒸しタオルで温めた後、冷やすのが正しいむくみ対処法となります。血管に異なった種類の刺激を与えることで、収縮を繰り返させ、老廃物がより流れやすい状態を作ることができるからです。ちなみに、「温冷タオル療法」には毛穴から老廃物が滲み出させる効果もあり、美肌にも繋がります。むくまない女性だって、毎日やるだけの価値があるんです!

 

★顔のむくみをとるためには

「温冷タオルを交互に繰り返す」

           ことが大事!

 

タオルを使って血行を促進した後、小顔マッサージに移っていけば、効果も当然高くなります。まずは老廃物が顔から抜けやすい状態を作るために、温冷タオルを試してみるといいでしょう。温冷タオルだけでもある程度効果を実感できるはずですが、その他のエクサイズと組み合わせることで、朝の顔のむくみはすっかりと改善できるはずです。