顔 むくみ 蒸しタオル

顔のむくみ取りに蒸しタオルを使うコツ|温と冷を交互に使って!

「早く顔のむくみを取らなきゃお化粧できない!」

 

そんな時は「温と冷の蒸しタオル」を使うと
血流が早く良くなりますよ!

 

 

顔のむくみ対策としてもっとも有名なのは、「蒸しタオル」を使った方法ですよね。顔に乗せて血行を促すだけのカンタン療法なので、忙しい朝にも最適なむくみ解消法でしょう。

 

原因から考える蒸しタオル療法!

顔のむくみは、老廃物や水分の蓄積によって引き起こされます。これは、塩分の高い食べ物を食べすぎたり、運動不足などによって起こるのですが、むくみの症状が出てくると血行も阻害されて、老廃物・水分はより流れにくくなって、腫れはもっとひどくなります。

 

つまり、血行を促すことはむくみ改善の第一歩となるわけです。もっともそれだけですべての問題が解決するわけでもなく、その他の対策も必要となってきます。この事実を理解した上で、あくまで「対処」としては優れた「蒸しタオル療法」を試しましょう。

 

温めるだけでなく、「冷やす」

濡らしたタオルを、電子レンジでチンします。温めたタオルを顔に乗せて、天井を見上げるような姿勢を。タオルから熱が伝わって血管を温め、徐々に血行が良くなります。感覚的にもとても気持ち良いので、二度寝しそうにもなりますが、そこはグッとこらえて。

 

ただし、温めるだけでは効果も微妙です。忘れてはいけないのは、しっかりと顔を温めた後、今度は顔を冷やすこと。冷たくしたタオルを乗せるのもいいですが、冷水で顔を流すのもOK! 交互に刺激を与えることによって、血管が開いたり縮こまったりするので、老廃物が流れやすい状態になっていきます。

 

むくみ対策を「もっと効果的に」したいなら、「体質」から変えよう!

上でも少しお話したように、蒸しタオルを使ったむくみ解消法は、症状に対する対処にしかなりません。むくみは水分代謝の悪さが主な原因となって起こるので、体の中から対策していくことが大切です。

 

食生活で言えば、塩分の高いものはなるべく控えてカリウムを代表とするミネラルをしっかり摂る。その他、毎日適度な運動を行うなど心がけるべきことは数多くあります。蒸しタオルもいいですが、最終的には内側から「むくまない体」を作りたいところですね。